サッカー上達法(ドリブル基本)

サッカー上達法(ドリブルとは)

ドリブルが得意なプレイヤーを“ドリブラー”といい、ドリブルはサッカーの醍醐味です。
ボールコントロールが上手でないともちろんドリブルは上達しません。

 

小学生などの少年サッカーですと跳びぬけた才能の持ち主や才能をフルに発揮している子供はまれです。基本は地道な練習方法です。ですが、子供ですので特に小学生だと体格差などや、努力や経験によっても身につく度合いは異なり、簡単にうまくなる方法などありません。

 

大事なのは、効果的な練習方法で無駄な練習・効果の薄い練習はさけ、地道な努力を続けることです。特に効果の薄い練習を長時間続けてもうまくなることはありません。効果的な練習を同じ時間行った人とは雲泥の差があります。

 

そして、あきらめず地道な練習を続け、長い時間ボールに触れていれば、その分だけボールの扱いは慣れます。

サッカー上達法(ドリブルの役割について)

ドリブルといってもポジションによってドリブルの性質が違ってきます。

 

FW(フォワード)の場合に重視されるのがスピードで、敵を抜き去る感じ。
MF(ミッドフィルダー)は主にフェイント中心のドリブルで、交わしながらボールをいかにキープするか。

 

フェイントを行うときに共通していえるのは、体の向きや体重移動などで相手をかく乱させるための絶妙なコンビネーションが必要で、なにわともあれ基礎トレーニングによる足腰の強化が必須です。

サッカー上達法(ドリブルの活用)

ドリブルは地道な練習もさることながら試合中の状況に応じて判断できなければ意味がありません。
試合中の状況判断が養えるドリブル練習も必要です。

 

相手とのタイミング・距離感などの感覚が非常に重要になってきます。
近辺の選手が、どういった動きをしようとしているのか、感覚的に意識しながらフェイントをすることも重要です。

 

普段の練習から視野を広げて状況判断を養うトレーニングが重要
こういった基本的な事が出来ずにドリブラーになることは難しいでしょう。