サッカー上達法(ドリブル練習応用)

サッカー上達法(自主トレーニング)

サッカーの練習法で自主トレーニングは1人でするより複数でするほうが効果的な練習ができます。親子で練習すれば親子間のコミュニケーションもとれ一石二鳥です。

 

子供がまだ小さいのならば、ドリブルやシュートの練習法よりは簡単にできる基礎練習から始めて行くのがいいでしょう。サッカー上達法で基礎が出来ていないと上達が遅れますし怪我をすることもあるかもしれません。

 

そして、上手にできた時はかならず褒めてあげるようにしてあげてください。それだけで子供は喜んで楽しくなり、やる気がでてくるものです。決して親が向きになって相手をしないで、負けてあげるつもりで練習に付き合ってあげてください。

 

シュートやドリブルの練習法はなかなか自宅ではできません。どうしても、公園や広場などの広いところで行わないといけませんが、周りの人には気を付けるのはもちろんですが、道路に飛び出たボールを追いかけて自動車事故につながるケースは多々あります。

 

大人と一緒だから大丈夫と油断はしないでくださいね。

 

そして、人の邪魔になったりぶつかったりしたときは、ちゃんと謝ることも教えてあげてください。時には厳しく言わないといけない場面もあるかもしれませんが、小さいうちからキッチリ教えてあげていればマナーのしっかりしたお子さんに育つでしょう。